メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ピープル

「さくらむすび」代表 林美保子さん /佐賀

林美保子さん

町の魅力、女性が発信 林美保子さん(40)=白石町

 白石町にゆかりのある7人の女性が町の魅力を発信する団体「さくらむすび」の代表を務める。「やりたいことをやって自分たちが楽しんでいる。結果として街が盛り上がり、白石に来てもらうきっかけになればうれしい」とはにかむ。

 武雄市出身で、結婚を機に白石に来た。周りは田んぼばかりで友人もおらず、引っ越してきた当初は「何もないところに来てしまった」と落ち込んだという。町内の催しは少なかったが、町外のイベントに参加すると出店者に白石町の人が多く、「町内でも何かやりたい」と感じた。「思い立ったら行動に移したいタイプ」。知人を介して同じような思いを持つ女性と知り合い、2016年3月にさくらむすびを結成した。

 名前には「人や物を結ぶ」との意味を込めた。イラストレーターやウェブ関連の仕事をしている人など、多様なメンバーが集まる。集合場所はいつも、メンバーの1人が経営するカフェ「自家焙煎(ばいせん)珈琲(コーヒー)goen」。顔を合わせると「次はこれをしたい」「こんなことをしたら楽しそう」と話が尽きない。

この記事は有料記事です。

残り454文字(全文926文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

  2. 共通テスト、マスクから鼻出して「失格」 監督者の注意に従わず

  3. ロシア反体制派ナワリヌイ氏、帰国直後に拘束 影響力増大を警戒 欧州は非難

  4. ORICON NEWS 西野未姫、弟2人を顔出し「爽やか好青年!」「春日さんに似てる!」

  5. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです