太平洋戦争開戦79年の日 「不戦の集い」思い新た 爆心地公園に40人 /長崎

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
不戦を誓い、キャンドルを置く参加者
不戦を誓い、キャンドルを置く参加者

 太平洋戦争の開戦から79年となった8日、長崎市の爆心地公園にある核廃絶人類不戦の碑前で、77回目となる「ナガサキ不戦の集い」があった。被爆者ら約40人が参加し、火をともしたキャンドルを手向けて反戦への思いを新たにした。

 被爆証言集を発行する「長崎の証言の会」が1981年から開いている。長崎原爆被災…

この記事は有料記事です。

残り196文字(全文346文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集