連載

東日本大震災10年へ

東日本大震災は2021年3月で発生から丸10年の節目を迎える。

連載一覧

東日本大震災10年へ

津波に母奪われ防災研究 岩手・山田町で被災の大学院生 奨学金受け、支援の恩返し

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
防潮林の模型を使って津波の威力を減らす実験に取り組む堀合紳弥さん=青森県八戸市で11月、和田大典撮影
防潮林の模型を使って津波の威力を減らす実験に取り組む堀合紳弥さん=青森県八戸市で11月、和田大典撮影

 東日本大震災で親を亡くした子と保護者へのアンケート調査で、ひとり親家庭の厳しい経済的状況が浮かんだ。津波によって母を亡くした堀合(ほりあい)紳弥さん(24)は、震災後に父が病で倒れて進学を諦めかけたものの、奨学金などの支援を得て学び続けることができた。今は大学院で、津波からの避難に関する研究に励む。

 2011年3月11日。岩手県山田町に住んでいた中2の紳弥さんは、学校で激しい揺れに襲われた。高台の高校に避難し、暗幕にくるまって一晩過ごすことに。翌日、建設会社員の兄康介さん(30)が迎えに来た。母と兄の計3人で暮らしていた自宅は津波で全壊し、水産加工場に勤めていた母るり子さん(当時48歳)と連絡が取れないと伝えられた。

この記事は有料記事です。

残り943文字(全文1256文字)

あわせて読みたい

注目の特集