英・EUのFTA、妥結至らず 13日まで交渉継続 主張に「大きな開き」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
協議前に会話するフォンデアライエン欧州委員長(右)とジョンソン英首相=ブリュッセルで2020年12月9日、AP
協議前に会話するフォンデアライエン欧州委員長(右)とジョンソン英首相=ブリュッセルで2020年12月9日、AP

 大詰めを迎えている英国と欧州連合(EU)の自由貿易協定(FTA)を巡る交渉で、ジョンソン英首相は9日、交渉の行き詰まり打開を図るため、EU本部のあるブリュッセルを訪問、フォンデアライエン欧州委員長との夕食会で協議を行った。両者は妥結には至らず、期限を13日までと切ったうえで、交渉を継続することになった。

 英BBCによると、協議終了後、英首相官邸高官は「両者の(主張の)間には依然大きな開きがあり、埋められるかはまだ不明だ」と述べ、「日曜日(13日)までに(妥結か決裂かを)決定する」ことで合意したと話したという。

この記事は有料記事です。

残り254文字(全文512文字)

あわせて読みたい

注目の特集