メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

21年の節分は2月3日? いいえ違います、124年ぶりの2月X日 その理由は

2021年の節分の日付は2月2日。2日になるのは124年ぶりだという=東京都千代田区で2020年12月8日午後7時4分、大場あい撮影

 2021年のカレンダーや手帳を見て「おや?」と思った人もいるのではないだろうか。豆まきなどの行事でおなじみの「節分」の日付が、しばらく続いた2月3日ではなく、21年は2月2日。2日になるのは、1897(明治30)年以来124年ぶりだ。21年からは4年に1回は2月2日になるという。なぜ、節分の日が変わるのか。

 節分は「季節を分ける」節目を指す。国立天文台暦計算室によると、かつては「二十四節気(にじゅうしせっき)」のうち立春、立夏、立秋、立冬それぞれの前日を指していたが、現在は立春の前日だけが残っているという。

この記事は有料記事です。

残り1557文字(全文1814文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 強まる大阪府の要求に反発 コロナ患者の引き受けが難しい民間病院の事情

  2. 死者増さらに加速か 4000人から5000人まで14日間 高齢者で死亡率高く

  3. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  4. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  5. ビニール袋に包まれた母 触れることさえできない別れ 心の中で「ごめんね」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです