連載

エンタメノート

お笑い、大衆芸能、放送などエンタメ全般を取材してきた、油井雅和記者が「舞台裏」をつづります。

連載一覧

エンタメノート

NHK問題を語る前に 松田浩さんが残した「提言」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
「にほんごであそぼ」の公式サイト
「にほんごであそぼ」の公式サイト

 NHKのEテレ、「にほんごであそぼ」は2003年開始だから、いつのまにか長寿番組。朝、早起きして時間がある時に見ると、大人でもとても楽しい(放送時間は平日午前6時35分、再放送は午後5時)。

 出演していた浪曲師の国本武春さんは15年の暮れに亡くなったけれど、武春さんの「一番弟子」、うなりやベベンは、今でも元気な姿を見せてくれるのがありがたい。

 今週のテーマは「しったかぶり」。立川志の輔さんが、古典落語の演目「転失気(てんしき)」をアレンジして、おおたか静流さんと子どもたちの「しったかぶり」の歌と共に登場している。昔も今も、しったかぶりは損をするということが、子どもにも楽しく伝わるだろう。

この記事は有料記事です。

残り1460文字(全文1758文字)

あわせて読みたい

注目の特集