連載

エンタメノート

お笑い、大衆芸能、放送などエンタメ全般を取材してきた、油井雅和記者が「舞台裏」をつづります。

連載一覧

エンタメノート

「べけんや」って何? 昭和の名人、八代目桂文楽五十回忌

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
八代目桂文楽=1966年12月
八代目桂文楽=1966年12月

 最近はスマホが幅を利かせているけれど、国内線の飛行機に乗ったら、機内放送の落語を聴くのが、ちょうどいい長さで楽しい。ちなみに、JALは「JAL名人会」、ANAは「全日空寄席」と、「落語」の文字は入っていない。おそらく、飛行機に「落」はまずいと思ったからではないか。

 「昭和の名人」に誰を入れるか、という話を落語好きな人と話すと、楽しくて盛り上がったり、その反対にケンカになったりして大騒ぎに。その人の好みにもよるし、東西ではまた違う結果になるだろう。

 古今亭志ん朝は2001(平成13)年に亡くなったので、「平成の名人」と呼ぶにはちょっと違和感がある。2011年に亡くなった立川談志は、その強烈な個性と活躍を「名人」という言葉では表現し尽くせない。

この記事は有料記事です。

残り1376文字(全文1701文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る

注目の特集