ロボットの働き方改革?! 開発コスト減、政府が音頭 コンビニ3大手、店内仕様統一

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
深夜、無人の店内で商品棚をチェックするロボット=東京都墨田区のフードスクエアオリナス錦糸町店で、カスミ提供
深夜、無人の店内で商品棚をチェックするロボット=東京都墨田区のフードスクエアオリナス錦糸町店で、カスミ提供

 スーパーやコンビニエンスストアで、人間に代わって働くロボットが登場している。省力化につながると期待されているが、オーダーメードだと価格が高いことが普及のネックだ。そこで量産化に向け、ライバル企業同士が手を結び、官民挙げてロボットの仕様を統一する取り組みが始まった。合言葉は「ロボットの働き方改革」。人の、ではなく、ロボットの働き方? どういうことなのか取材した。

 「後は私にお任せください。お疲れさまでした」。イオン系のカスミ(茨城県つくば市)が運営する食品スーパー「フードスクエアオリナス錦糸町店」(東京都墨田区)では、閉店後の深夜、ロボットがこうあいさつして無人の店内を回り始める。センサーで障害物を避けながら、商品棚をライトで照らし、カメラで撮影。人工知能(AI)が品切れで空いている場所などを認識する。解析結果はタブレット端末に送信され、翌朝出勤した店員…

この記事は有料記事です。

残り1312文字(全文1694文字)

あわせて読みたい

ニュース特集