希望新聞

東日本大震災10年へ そしていま 桜並木の下で

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 「この桜並木の下でふるまえてうれしい」。福島県富岡町出身で、ふたば未来学園高校3年の金成美怜さん(17)は、夜ノ森駅周辺にある桜並木にちなんで「さくらタピオカ」を考案した。

 毎年春に恒例の「桜まつり」で同級生たちとふるまう予定だったが、コロナ禍で祭りが中止に。今月1日に点灯式があったイルミネーションの下で、見物に訪れた人たちにようやく味わってもらうことができ…

この記事は有料記事です。

残り273文字(全文454文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集