特集

Listening

話題のニュースを取り上げた寄稿やインタビュー記事、社説をもとに、読者のみなさんの意見・考えをお寄せください。

特集一覧

節分、来年は1日早く 124年ぶり2月2日 地球公転とのずれ原因

地球の位置と日付・時刻がずれるのは?
地球の位置と日付・時刻がずれるのは?

 2021年の「節分」の日付が、しばらく続いた2月3日ではなく、2月2日になる。2日になるのは、1897(明治30)年以来124年ぶりだ。

 節分は「季節を分ける」節目を指す。国立天文台暦計算室によると、かつては「二十四節気(にじゅうしせっき)」のうち立春、立夏、立秋、立冬それぞれの前日を指していたが、現在は立春の前日だけが残っているという。

 二十四節気は、太陽の周りを公転する地球の軌道を24等分して、それぞれの位置にある日を季節を示す目印と決めたものだ。人間が「ここが立春」と決めた位置に地球がある日を「立春の日」とし、その前日である節分の日付も、同じように地球の位置で決まる。日本では、国立天文台が二十四節気が何月何日になるかを計算し、毎年2月に「暦要項」として翌年分を官報で公表している。

この記事は有料記事です。

残り1268文字(全文1616文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

コメント

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

関連する特集・連載など

あわせて読みたい

注目の特集