特集

はやぶさ2

探査機「はやぶさ2」がリュウグウで試料を採取して持ち帰る6年の旅を完遂。分析や次のミッションを解説。

特集一覧

はや2くんの大航海~HAYABUSA2応援ページ

「はやぶさ2の成功を見て『しめしめ』と思ってほしい」 はやぶさ率いた川口淳一郎さん

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
インタビューに答える川口淳一郎・宇宙航空研究開発機構シニアフェロー=東京都千代田区で2018年6月29日、西本勝撮影
インタビューに答える川口淳一郎・宇宙航空研究開発機構シニアフェロー=東京都千代田区で2018年6月29日、西本勝撮影

 小惑星探査機「はやぶさ2」が計画通りにカプセルを地球へ帰還させた。はやぶさ2は、2010年に世界で初めて小惑星の物質を持ち帰ることに成功した探査機「はやぶさ」の後継機だ。はやぶさを率いた川口淳一郎・宇宙航空研究開発機構(JAXA)シニアフェローは「はやぶさ2の成功を見て、何かチャレンジングなことに取り組もうとする人たちが『しめしめ』と思ってほしい」と話す。どういう意味なのだろうか。川口さんへのインタビューを紹介する。【永山悦子/オピニオングループ】

この記事は有料記事です。

残り4451文字(全文4679文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

【はやぶさ2】

時系列で見る

次に読みたい

関連する特集・連載など

あわせて読みたい

注目の特集