「奪った命や遺族にまず謝罪を」 京アニ放火容疑者に主治医は語り続けた

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
京都府警伏見署に移送される青葉真司容疑者=京都市伏見区で2020年5月27日午前8時9分、藤井達也撮影
京都府警伏見署に移送される青葉真司容疑者=京都市伏見区で2020年5月27日午前8時9分、藤井達也撮影

 「京都アニメーション」第1スタジオ(京都市伏見区)で2019年7月に起きた放火殺人事件では、青葉真司容疑者(42)自身も命が危ぶまれるほどの重いやけどを負った。皮膚移植手術や治療に当たった主治医は、事件と向き合うよう入院中の容疑者に何度も語り続けていた。11日に鑑定留置が終わった青葉容疑者。主治医は「まず謝罪を」と願っている。

この記事は有料記事です。

残り833文字(全文998文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集