連載

#排除する政治~学術会議問題を考える

日本学術会議を巡る異例の政治介入からは、人事を用いて異論を封じ込める菅政権の思惑がにじみます。識者と考えます。

連載一覧

#排除する政治~学術会議問題を考える

水戸黄門の印籠? 元最高裁判事・浜田邦夫さん「憲法を持ち出すのはこじつけ」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
浜田邦夫元最高裁判事=東京都千代田区で2016年6月10日、望月亮一撮影
浜田邦夫元最高裁判事=東京都千代田区で2016年6月10日、望月亮一撮影

 菅義偉首相が日本学術会議の新会員6人の任命を拒否した問題が尾を引いている。国会でも拒否理由を具体的に述べなかった。そもそも法的な問題はどこにあるのか。元最高裁判事の浜田邦夫さん(84)に改めて聞いてみた。【木許はるみ・統合デジタル取材センター】

拒否できるのは「犯罪歴」や「業績不足」のケースのみ

 ――菅義偉首相が新会員候補6人を任命拒否しましたが、この法的な評価をどう考えますか。

 ◆日本学術会議法に違反していると思いますね。日本学術会議法では会員は、「学術会議の推薦に基づいて、内閣総理大臣が任命する」(7条)となっています。「推薦に基づいて」という言葉は、推薦自体に非常に問題がある場合にのみ、任命拒否できると読めます。確かに、推薦されたら必ず任命しなくてはならないという法文の型式にはなっていませんので、そういう意味では政府の説明は通っています。

 1983年の法改正の際、当時の中曽根康弘首相は、首相の任命を「形式的任命」と答弁しました。これは「推薦自体に非常に問題がある場合にのみ拒否できる」と解釈するのが、一般的だと思います。その政府の考えは、当時から今に至るまで一貫しているのではないでしょうか。

 ただし、学術会議の趣旨からいって、任命拒否ができるケースは限られています。それは、候補者に犯罪歴や著しい非行があったり、学者として業績が足りなかったりする場合です。だから、首相には「候補者の思想信条が政府の方針に反していた」という理由で任命拒否する権限はありません。さらにいえば、推薦された人の中から首相が自由に任命できるなんてことは、法文解釈からしてありえないのです。

 ――任命拒否した理由について、菅首相は「総合的・俯瞰(ふかん)的」と述べたり、「会員の構成のバランス」を挙げたりしていますが……。

 ◆誰が見ても推薦された候補者がおかしい人物なら、任命権者として首相がチェックする権利や義務があります。だが今回はそうではありませんよね。菅首相が任命拒否の理由を説明しようと、次から次へと答弁をしていますが、すべて論理が破綻や矛盾をしています。例えば「会員が一部の大学に偏っている」と説明し、「旧帝大の会員が45%」などと答弁しましたが、任命拒否された6人のうち、3人は旧帝大以外の私立大学です。

 総合的・俯瞰的という言葉で、任命拒否の理由を説明しようとしていますが、全く説明できていません。苦し紛れの答弁で、説明がことごとく体をなしていないのです。

憲法を持ち出して反論 「水戸黄門の印籠のよう」

 ――政府は任命拒否を正当化する根拠として、内閣府日本学術会議事務局が2018年11月に作成した内部文書を公表しました。この文書には、憲法の65条の「行政権は内閣に属する」や15条の「公務員の選定、罷免は、国民固有の権利」などの条文を引用し、「推薦の通りに(首相が)任命するべき義務があるとまでは言えない」と記されていました。憲法を持ち出す論理構成をどう考えますか。

 ◆首相が持つ学術会議会員に対する任命権が、憲法が規定する広い意味での行政権の範疇(はんちゅう)にあるのは正しい。ですが、憲法65条や15条が対象としているのは、あくまで一般の公務員に対する話です。学術会議の会員は、独立した組織の特別職公務員なので、この対象とするのは適当ではありません。

 私は日本学術会議法を改めて読みました。その16条には「職員の任免は、会長の申出を考慮して内閣総理大臣が行う」とあり、一般の公務員である職員について規定しています。一方、会員はこれまで述べたように「推薦に基づいて」、首相が任命します。つまり、この法律においても職員と会員に対する任命のレベルが大きく異なっていて、職員=「一般職公務員」、会員=「特別職公務員」ときちんと分類されているのです。分類されているにもかかわらず、上位法である憲法を持ち出して両者を強引に同じように扱おうとしている。これは牽強付会(けんきょうふかい)、こじつけで筋違いの論理構成と批判されてしかるべきです。

 菅首…

この記事は有料記事です。

残り833文字(全文2507文字)

あわせて読みたい

注目の特集