伝統の正月飾り「花もち」作りが最盛期 岐阜・飛驒

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
新春を彩る「花もち」作りが最盛期を迎えている=岐阜県高山市江名子町で2020年12月8日午前11時28分、大竹禎之撮影
新春を彩る「花もち」作りが最盛期を迎えている=岐阜県高山市江名子町で2020年12月8日午前11時28分、大竹禎之撮影

 紅白の餅を花に見立てた岐阜県飛驒地方伝統の正月飾り「花もち」作りが最盛期を迎えている。

 同県高山市江名子町の「飛驒の花もち組合高山工房」では、中野富子さん(69)ら近隣女性9人が、切り株から伸びた枝に紅白の餅を2~3センチ間隔で手際よく巻き付ける作業に汗を流す。中野さんは「家で過ごすことが多くなり…

この記事は有料記事です。

残り117文字(全文267文字)

あわせて読みたい

ニュース特集