メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ウマ女十番勝負

(9)阪神JF 隠れた才能、引き出して オパールムーン

2019年の阪神JFを制したレシステンシア=JRA提供

 デジタル編集部の“真希バオー”こと中嶋真希記者が下半期GⅠシリーズ計12戦を予想します。第9弾は、2歳女王を決める阪神ジュベナイルフィリーズ(JF)=阪神1600メートル、13日午後3時40分発走。注目を集めるのは、真っ白な馬体のソダシ。勝てば白毛馬初のGⅠ制覇となります。しかし、昨年◎レシステンシアで的中した競馬担当30年の師匠、松沢一憲記者と、真希バオーは、今年も人気馬に目もくれず、攻めの予想で勝負します。デビューして間もない2歳の乙女たちの戦いを制するのは?【中嶋真希】

 蛯名正義騎手が、3回目の挑戦で調教師試験に合格した。来年2月で騎手を引退するという。競馬ファンには、蛯名騎手と聞いてそれぞれ思い浮かべる「ベストレース」があるだろう。エルコンドルパサーとナカヤマフェスタの凱旋門賞2着、フェノーメノの天皇賞・春連覇、アパパネの牝馬3冠--。もちろん真希バオーにとっての“神騎乗”は、大好きなイスラボニータの皐月賞だ。

この記事は有料記事です。

残り2059文字(全文2475文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

  2. 営業時間命令違反で過料、入院拒否には刑事罰 自民が特措法改正案など了承

  3. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  4. 共通テスト、マスクから鼻出して「失格」 監督者の注意に従わず

  5. 「日本政府は中国と同じことを頼む」 ニューヨーク・タイムズ前支局長が内実を暴露

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです