東日本大震災

不明者の手掛かりを 沿岸部を捜索 岩手、福島県警 /宮城

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 東日本大震災から9年9カ月となる11日、岩手、福島両県警は行方不明者の手掛かりを求め、津波で大きな被害を受けた沿岸部を捜索した。

 福島県警は、いわき市や南相馬市、浪江町などの海岸で実施。今も19人が行方不明の相馬市では、大洲海岸で相馬署員ら約20人が「レーキ」と呼ばれる熊手のような道具で砂浜を掘り…

この記事は有料記事です。

残り169文字(全文319文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集