連載

わたしの世界

毎日新聞デジタルの「わたしの世界」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

わたしの世界

街の絵 豊中市立東泉丘小5年(大阪府) 堀内粋さん(11) 「建築家になりたい!」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 <学ぶ・育つ・挑む>

 愛用のボールペンを手にすると、視線は紙の上に集中。線をゆっくり引く。やがて家の形が浮かび上がった。大阪府豊中市立東泉丘小5年、堀内粋(すい)さん(11)はボールペンで街の絵を描くのが得意。今年3月には大阪市内で個展も開いた。「建築家になりたい!」

 幼いころ、物を握れるようになって、一番に手にしたのが鉛筆。最初は紙にグルグルと走らせるだけだったが、そのうち車を描くようになった。母の優子さん(44)は当時インテリアデザインの仕事をしていて、部屋には筆記用具や紙がたくさんあった。「描き始めると2、3時間ずっと描いていましたね」。車の絵は、やがて立体的になり、ビルや家が建ち並ぶ街の絵を描くようになった。

 ゲームも大好き。建物のデザインはゲームに出てくるものをヒントにしているものも多い。ただし「ゲームは1日1時間以内」がお母さんとの約束。

この記事は有料記事です。

残り419文字(全文800文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集