東日本大震災

「問題あれば見直す」 震災遺児困窮で復興相

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 東日本大震災の遺児・孤児の家庭への毎日新聞のアンケート調査で世帯所得200万円未満の家庭が震災前の6%から震災後は4割超に増えていた状況が判明したことを受け、平沢勝栄復興相は11日の閣議後記者会見で、「問題があればさらに制度の見直しを進めていきたい」と述べた。

 毎日新聞の調査では、保護者の現在の職業…

この記事は有料記事です。

残り204文字(全文355文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集