炭治郎は分かる?憲法の3原則は? 衆院静岡5区の立候補予定者が若者と対話

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 政治家の素顔を知りたい、若者の声を政治に届けたい――と富士市在住・出身の若者でつくる「富士山わかもの会議」が12日、次期衆院選で静岡5区から立候補予定の3氏を招き、富士市交流プラザで公開討論会を開いた。3氏は若者らと政治を論じ、抜き打ちテストに挑戦した。

 静岡5区はこれまでに、自民現職で岸田派の吉川赳氏(38)▽無所属現職で自民党二階派の細野豪志氏(49)▽立憲民主新人の小野範和氏(47)――の3氏が立候補を表明。全国的に注目されている選挙区だ。

 この日は、討論会という名称だったが、政策について、3氏の討論はなし。3氏は「アルバイトで料理を覚え、趣味の自転車を楽しんでいた」(吉川氏)▽「世界を旅して、自由に学生生活を楽しんでいた」(細野氏)▽「陸上部だが、タイム取りやマネジャーばかりだった」(小野氏)と若かりし頃の自身を紹介。その後、3グループに分かれてのディスカッションに移行した。3氏はグループを移動しながら、「若者の投票率の低さ」「投…

この記事は有料記事です。

残り493文字(全文919文字)

あわせて読みたい

注目の特集