メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

コロナで広がる副業、仲介業者も多様に 新しい働き方模索 トラブルも

副業でパソコンソフトなどの使い方を講義する森新さん=ストリートアカデミー提供

 新型コロナウイルス下で関心が高まる副業。インターネットで職を探す人が多く、仲介業者が設けたサイトではさまざまな仕事が紹介されている。働き方改革の一環として政府が副業を促進する方針を打ち出した2017年以降、こうした業者の数は増えており、コロナ下の新しい働き方を模索する動きを支えている。

 「自分の得意なことで喜んでもらえ、一番大切な本業に気持ちを集中できる」。東京都内の飲料メーカーで新規事業開発を担う森新(あらた)さん(32)の表情は明るい。誰でも講座を開設できるサービスを利用して、18年から副業でパソコンソフトの使い方を教えている。感染拡大前は対面だったが今はオンラインとなり、主に会社員が毎回10人ほど参加する。

 本業の社内研修で教えたところ分かりやすいと好評だったため、同僚の勧めもあって副業として始めた。1回当たりの受講料は1人3450円。講座の内容をまとめた著書2冊は計15万部のヒットを記録し、印税も含めれば本業の約2倍の収入を稼いでいる。

 このサービスは、ベンチャー企業のストリートアカデミー(東京都渋谷区)が12年から運営している。副業として講座を開く人は以前から多かったが、講座のオンライン化を機に講師の登録が急増。講師数は9月までの1年間で4割増え、約3万1000人に上る。同社は受講者をサイトで募る代わりに、受講料の10~30%を受け取る仕組みだ。

 講座の内容は料理やヨガなど多岐にわたる。同社の担当者は「包丁の研ぎ方や…

この記事は有料記事です。

残り1076文字(全文1700文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. 変異株の感染確認、なぜ静岡で 英国滞在歴なし 厚労省クラスター班調査へ

  4. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

  5. 「コロナ収束に2、3年、経済回復には3年」 経営コンサル会社に聞いた“不都合”なシナリオ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです