自民大阪府連が「大都市法」停止の新法案提出へ調整 特別区設置を制限

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
あべのハルカス周辺=大阪市阿倍野区で、本社ヘリから
あべのハルカス周辺=大阪市阿倍野区で、本社ヘリから

 自民党大阪府連は12日、役員会を開き、大阪都構想の根拠法になった大都市地域特別区設置法(大都市法)の効力を一時停止させる新法案を2021年の通常国会に提出する方向で党内や他党と調整すると決めた。衆院議員の左藤章・政調会長は、都構想実現のために15、20年と5年間で2度の住民投票が実施されたことについて取材に「市民が分断された」と語った。

 同じテーマで何度でも住民投票を繰り返せる「勝つまでじゃんけん」を問題視した府連は11月以降、国会議員や大阪市議が同法の問題点を話し合う勉強会を国会内で重ねてきた。この日の府連役員会で府議、市議の意見を踏まえ、新法制定に向け動き出すと決定。法案が可決されれば、新法の効力をさらに打ち消す法案が制定されない限り、大都市法に基づいて特別区を設置できなくなるという。

この記事は有料記事です。

残り269文字(全文619文字)

あわせて読みたい

注目の特集