JR北の支援「継続」 国交省鉄道局長、21年度以降も /北海道

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 経営難が続くJR北海道の将来的な経営の見通しなどについて意見を交わす「北海道の鉄道ネットワークに関する関係者会議」が12日、道庁で開かれた。2021年度以降のJR北に対する国の支援について、国土交通省の上原淳鉄道局長は「支援を継続していく」と明言した。

 会議には鈴木直道知事、JR北の島田修社長のほか、維持方針の8線区の沿線自治体首…

この記事は有料記事です。

残り251文字(全文418文字)

あわせて読みたい

注目の特集