全国高校駅伝

都大路で「きっと勝つ」 出場2校にエール /北海道

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
キットカットを手にする旭川龍谷の古舘主将=北海道旭川市で2020年12月11日 拡大
キットカットを手にする旭川龍谷の古舘主将=北海道旭川市で2020年12月11日

 全国高校駅伝大会に出場する女子の旭川龍谷と、男子の札幌山の手に、主催する毎日新聞社からチョコレート菓子「キットカット」の特別バージョンがプレゼントされた。

 旭川龍谷は9年連続9回目、札幌山の手は2年連続12回目の都大路出場。選手たちは20日に京都市で開催される全国大会に向けて練習を重ねている。

 キットカットには、出場選手が支えてくれた人に感謝を伝えられるようメッセージ欄もある。旭川龍谷の古舘桃奈主将は「新型コロナウイルスの影響で思ったような練習はできなかったが、積み重ねた力をみせたい」、札幌山の手の坂本凌太郎主将も「チームテーマは『必笑』。目標とする過去最高順位(2017年の7位)を更新したい」と力を込めた。【三沢邦彦】

あわせて読みたい

注目の特集