連載

クローズアップ

ニュースの背景を解説、検証、深掘りリポート。

連載一覧

クローズアップ

妊婦痩せすぎ注意 低体重児、疾患リスク

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
オンライン会議システム「Zoom」での母親学級で、妊婦に「痩せ」のリスクなどを伝える加藤クリニックの医師=さいたま市で、岩崎歩撮影
オンライン会議システム「Zoom」での母親学級で、妊婦に「痩せ」のリスクなどを伝える加藤クリニックの医師=さいたま市で、岩崎歩撮影

 「小さく産んで大きく育てるのがいい」は本当? 日本で赤ちゃんの出生時の体重が減少傾向にある。妊娠中の女性が十分に体重を増やせていない可能性があり、日本産科婦人科学会(日産婦)の委員会は来春にも妊婦の体重増加に関する指標をまとめる。赤ちゃんの低体重は、一体何が問題なのか。【渡辺諒、岩崎歩】

日産婦、新指標策定へ

 国内では1970年代後半以降、赤ちゃんの出生時の平均体重が減少傾向にある。厚生労働省によると、75年は3195グラムだったが、2019年は3005グラムだ。

この記事は有料記事です。

残り3359文字(全文3593文字)

あわせて読みたい

注目の特集