メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

囲碁・将棋スペシャル

将棋 B級1組 郷田九段 足掛け31年、通算900勝 区切りとしてホッとした

 <第79期順位戦B級1組 郷田真隆九段VS丸山忠久九段>

 郷田真隆九段(49)が3日に行われたB級1組順位戦で丸山忠久九段(50)に勝ち、通算900勝(567敗)を達成した。1990年4月に棋士になって以来、足掛け31年での達成だ。現役棋士で900勝以上は8人しかいない。

 先手の丸山が得意の角換わり早繰り銀から速攻し、丸山が3局経験した形に。対して郷田は前例を踏襲せず工夫した対応を見せるが、丸山に巧みに攻められ苦戦に陥る。

 だが、終盤で丸山が絶好の角打ちを逃して混戦となり第1図(便宜上先後逆)。[後]8七歩と垂らしたところで、持ち直したと思っていた郷田だが、図で間違える。

この記事は有料記事です。

残り1113文字(全文1403文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「市にうそつきと思われショック」児童扶養手当、突然の打ち切り 元夫の意外な行動

  2. 新型コロナ 特措法改正案 まん延防止措置、修正 自民、発動厳格化検討

  3. 野田聖子氏、岐阜県連会長辞任を表明 保守分裂の知事選、「父と娘」の代理戦争

  4. 「地域から協力金集めて慰安旅行」 幽霊消防団員巡り告発続々 地域社会にあつれき

  5. 余録 米国でスペインかぜが…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです