連載

人生100年クラブ

人生100年時代を迎えつつある今、「長い老後」への不安が高まっています。備え方や暮らし方を探ります。

連載一覧

人生100年クラブ

認知症リスク、点検したい ツール使い、変化見る

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
トランプのカードを使ってテストするエーザイの「のうKNOW」
トランプのカードを使ってテストするエーザイの「のうKNOW」

 <くらしナビ ライフスタイル>

 高齢になるにつれて、気になるのが記憶力や理解力といった脳機能の衰えだ。認知症予防には、生活習慣の改善が有効だという。脳の変化にいち早く気づいて、早めの対処はできないか。そんな「脳の健康診断」を手軽にできるツールが相次いで登場していると聞き、取材してみた。

 パソコン画面に、トランプのカードが1枚ずつ、矢継ぎ早に表示される。カードが赤の場合は「はい」、黒の場合は「いいえ」をクリックする。次のテストでは、画面に表示されたカードが既に一度出たカードなら「はい」、初めて出たカードなら「いいえ」を押す。記者も挑戦してみたが、次々とカードが出てくるのでつい間違ってしまう。

 これは製薬大手エーザイが今春に発表した脳の健康度チェックツール「のうKNOW」だ。4種類のテストを約15分行い、脳の反応速度▽注意力▽視覚学習▽記憶力――をチェック。A~Cの判定と脳年齢を示してくれる。認知機能の変化を早期につかみ生活習慣を改善することで、認知症予防につなげるのが狙いだ。豪州企業が開発し、同国や米国、カナダなどの当局が医療機関の診断に使えるよう認可した。国内でも自治体や脳ドック施…

この記事は有料記事です。

残り870文字(全文1369文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集