東日本大震災

津波で漂流、9年9カ月 宮城・気仙沼→北太平洋2周?→八丈島

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
9年9カ月の年月を経て、八丈島で見つかった小型漁船=東京都八丈町大賀郷で2020年12月12日午前9時56分、菊池まり撮影
9年9カ月の年月を経て、八丈島で見つかった小型漁船=東京都八丈町大賀郷で2020年12月12日午前9時56分、菊池まり撮影

 東日本大震災の津波で漂流した小型漁船が9年9カ月の歳月を経て、東京・八丈島で見つかった。地元漁協が船の登録番号を確認し、宮城県気仙沼市の漁協支所所属の船と判明した。船内には大量のサンゴが付着しており、どのようなルートを漂流したのか関心を呼んでいる。

 船は10日夕、同島の八重根漁港付近を漂っているのが見つかり、漁協がロープでえい航して港に…

この記事は有料記事です。

残り255文字(全文425文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集