「西の軽井沢」再興なるか 保養地からビジネス拠点への整備進む 神戸・六甲山

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
イベントスペースとして貸し出すログハウスの前に立つ「リネスト・ジャパン」の代表社員、テン・ジン・ユさん=神戸市灘区で2020年10月26日午後2時16分、反橋希美撮影
イベントスペースとして貸し出すログハウスの前に立つ「リネスト・ジャパン」の代表社員、テン・ジン・ユさん=神戸市灘区で2020年10月26日午後2時16分、反橋希美撮影

 かつて「西の軽井沢」とも呼ばれた六甲山を最先端のビジネス拠点として再興する取り組みが進んでいる。神戸市は通信環境を整え、バブル経済崩壊で衰退した保養所などのオフィス転用を補助するなどして企業やクリエーターの進出を後押しする。新型コロナウイルス禍でテレワーク推進の波にも乗り、関西有数の保養地は以前の輝きを取り戻せるか。

 六甲有馬ロープウェーの六甲山頂駅から車でおよそ10分。静かな山間のログハウスに入ると…

この記事は有料記事です。

残り1305文字(全文1508文字)

あわせて読みたい

注目の特集