名勝「橋杭岩」の上空に鮮やかな光の筋 ふたご座流星群ピーク 和歌山・串本

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
名勝・橋杭岩の上空に流れるふたご座流星群の流れ星=和歌山県串本町で2020年12月14日午前3時22分、山田尚弘撮影(10秒間露光)
名勝・橋杭岩の上空に流れるふたご座流星群の流れ星=和歌山県串本町で2020年12月14日午前3時22分、山田尚弘撮影(10秒間露光)

 冬の夜空を彩る「ふたご座流星群」が14日未明、出現のピークとなり、絶好の観測のチャンスを迎えた。和歌山県串本町では、海岸に奇岩が立ち並ぶ名勝・橋杭岩(はしぐいいわ)の上空に、鮮やかな光の筋が現れた。

 ふたご座流星群は1月のしぶんぎ座流星群、8月のペルセウス座流星群と並ぶ「三大流星群」の一つ。冬の夜…

この記事は有料記事です。

残り189文字(全文339文字)

あわせて読みたい

注目の特集