大阪モデル「赤信号」に解除基準 重症病床使用率7日連続60%未満で黄色に

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 新型コロナウイルスの感染状況や自粛要請などの解除を判断する独自基準「大阪モデル」について、大阪府は14日の対策本部会議で、点灯中で非常事態を示す「赤信号」を解除しやすくする基準を新設した。重症病床使用率が7日連続で60%未満になれば、警戒度が1段階下がる「黄信号」への移行が可能になった。府がモデルの基準を修正するのは4回目に…

この記事は有料記事です。

残り248文字(全文412文字)

あわせて読みたい

注目の特集