東日本大震災

弁当宅配で高齢者見守り 来春事業スタート、資金の一部ネットで募る 川内村のNPO /福島

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 東日本大震災と福島第1原発事故からの復興支援に取り組むNPO法人「元気になろう福島」(川内村)が2021年4月から、高齢者の見守りを兼ねた弁当宅配事業を同村で始める。村内の空き家を改装して調理場をつくるとともに、サロン機能なども備えた見守り拠点にする。同NPOは資金の一部をクラウドファンディングで募っている。

 同村は原発事故後、一時避難指示が出されたが、16年までに解除された。村の高齢化率(65歳以上の割合)は44・9%(11月1日現在)。

この記事は有料記事です。

残り331文字(全文554文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集