メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

とちぎキャンパる

コロナ禍でも歩み止めず 栃木日光アイスバックス 運営会社本部長・衣笠伸正さん /栃木

アイスバックスへの思いを語る衣笠さん=栃木県日光市の栃木ユナイテッドで

 栃木日光アイスバックスは日本初のプロアイスホッケーチームとして、日光市を拠点に活動している。新型コロナウイルスが猛威を振るう中、チームはどのような活動をしているのか。チームを運営する栃木ユナイテッド(日光市)事業推進・営業本部長の衣笠伸正さん(39)に聞いた。【日光アイスバックス取材班】

 新型コロナが再び拡大様相になる中で、アイスバックスもシーズン開幕が遅れた。

 衣笠さんによると、アイスバックスが参加するアジアリーグは1カ月遅れの10月に始まった。同リーグは韓国やロシアのチームとも戦うが、渡航制限などで国内チームのみとの対戦となった。

この記事は有料記事です。

残り2746文字(全文3017文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型コロナ 重症者最多934人

  2. 自公、北海道2区補選で「不戦敗」選択 惨敗すれば首相の責任論 吉川元農相在宅起訴

  3. 五嶋みどりさんにケネディ・センター名誉賞 日本出身者で小澤征爾さんに次ぎ2人目

  4. 吉川元農相、異例の在宅起訴 端緒は河井夫妻捜査 養鶏業界実力者が図った政界工作

  5. 感染防止策違反に「氏名公表」は厳しすぎるリンチか 自民には「不十分」の声

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです