メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

苦境の地域鉄道 企画で勝負 岳鉄車両に宿泊「最高!」 ファン歓迎 銚子電鉄は踏切音配信 /静岡

岳南電車の企画で車両(左)に宿泊し、ホームで朝食をとる鉄道愛好家ら=静岡県富士市の吉原駅で11月

 沿線の人口減少と新型コロナウイルスのダブルパンチにあえぐ各地の地域鉄道が、音や部品といった既存の資源を活用した企画に力を入れている。車両にファンを寝泊まりさせたり、踏切音を配信したり、手すりを販売したり……。低コストで済み話題になりやすいが、「中長期的な乗客増につながりにくい」との指摘もある。

 「思ったよりもふかふか」。11月下旬の深夜の富士市。岳南電車の吉原駅に止まった車両内で、西村優汰さん(26)が座席に横たわり、歓声を上げる。自宅のある千葉県から東京都内の会社まで電車通勤する毎日。「普段ならば迷惑行為だが、今日は堂々と楽しめる。ぜいたくな気分」

 鉄道愛好家を車両に泊めるという異色の企画。参加者はお気に入りの「寝床」でビールを飲んだり、車窓から夜空を眺めたりして思い思いの時間を過ごした。この日が誕生日だという小学6年の真覚遥輝さん(12)=富士市=はすぐ隣を通過した夜行列車に「最高のプレゼント」と興奮気味に話した。

この記事は有料記事です。

残り647文字(全文1063文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  4. 「首相にふさわしい人」河野氏トップ 菅首相は3位に転落 毎日新聞世論調査

  5. 夜明けを待って~コロナ禍を歩く 日本を愛したベトナム人青年 なぜ24歳で死ななければならなかったのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです