連載

なるほドリ

ニュースの背景や素朴な疑問を「なるほドリ」が質問。担当記者がQ&Aでわかりやすく答えます。

連載一覧

なるほドリ

コロナ下の初詣、どうすればいいの? 参拝・移動の混雑避ける 時期の分散呼びかけ=回答・青木絵美

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
例年より1カ月早く並んだ縁起物の熊手や破魔矢=福岡県宗像市の宗像大社で1日、青木絵美撮影
例年より1カ月早く並んだ縁起物の熊手や破魔矢=福岡県宗像市の宗像大社で1日、青木絵美撮影

 なるほドリ 先日神社にお参りに行ったら、もう新年の縁起物(えんぎもの)が並んでいたよ。

 記者 例年は元日から並べるのが普通ですが、初詣(はつもうで)の混雑による新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、今年は各地の神社などが年内から2月ごろまでの「分散参拝(ぶんさんさんぱい)」を呼びかけています。約3300社で構成する福岡県神社庁(ふくおかけんじんじゃちょう)は年内の前倒(まえだお)し参拝を「幸先詣(さいさきもうで)」と名付けました。「学問の神様」として知られる太宰府天満宮(だざいふてんまんぐう)(同県太宰府市)も12月1日から「開運(かいうん)の矢」などの縁起物の授与(じゅよ)を始めています。

 Q でも初詣は三が日じゃないと変だよ。

この記事は有料記事です。

残り467文字(全文788文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集