ベネズエラ 住民投票参加者、議員選を上回る

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 南米ベネズエラの国会は12日、独裁色の強いマドゥロ政権の是非を問う住民投票について、開票率87%時点の投票率が31%に上ったと明らかにした。国会で多数派の野党連合が「不正が行われる」としてボイコットした6日の国会議員選の投票率を上回った。住民投票に法的拘束力はないが、野党連合は、マドゥロ政権の正当性を否定する民意が示されたと主張している。

 国会によると、7~12日の住民投票では、有権者数2070万人の31%にあたる646万人が投票した。国内在住の321万人が投票所で票を投じ、国内の241万人と国外の84万人がオンラインで投票。野党連合を主導するグアイド国会議長は13日、「住民投票の参加者は(国会議員選を)はるかに上回った。民主主義のための闘いを続ける」とし、新国会が発足する2021年1月5日以降も現国会を継続すると主張した。

この記事は有料記事です。

残り134文字(全文502文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集