メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊東京五輪

ALL・FOR・2020 東京へ ともに歩む Passion 競泳 渡部、完全復活へ自信

女子200メートル平泳ぎ決勝を制した渡部=宮間俊樹撮影

 <ともに生きる。ともに輝く。>

女子平泳ぎ、5年ぶり2冠

 優勝インタビューは喜びに満ちていた。東京オリンピックの会場となる東京アクアティクスセンターで開催された競泳の日本選手権(12月3~6日)。女子平泳ぎの渡部香生子(JSS)が200メートルと100メートルで優勝し、5年ぶりの2冠に輝いたのだ。「東京五輪への不安もありましたが、結果で自信がつきました。すごくうれしいです」。かつての世界女王に笑みが戻った。

 両種目を通じてストローク(腕のかき)が大きく、泳ぎに伸びがあった。3日の100メートルは、前半の0.5秒近い差を逆転して1分6秒78。6日の200メートルは序盤から差を広げ、2位を2秒近く引き離す2分23秒15で制した。いずれも東京五輪の派遣標準を上回る好記録だった。

この記事は有料記事です。

残り564文字(全文904文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  2. 「短命首相リスト入り?」 菅政権の支持率急落 海外メディアは…

  3. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  4. 福岡県知事が検査入院 1週間程度、COPDの疑い

  5. 政府への怒り・いら立ちが書き込みの大半に 一部でマスコミ批判も 毎日新聞世論調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです