特集

2020米大統領選

2020年11月に行われた米大統領選。共和党のトランプ大統領と民主党のバイデン氏が争い、バイデン氏が勝利した。

特集一覧

バイデン氏が選挙人投票で過半数獲得、勝利確定 来年1月20日に大統領就任

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
バイデン次期米大統領=米デラウェア州ウィルミントンで2020年11月19日、AP
バイデン次期米大統領=米デラウェア州ウィルミントンで2020年11月19日、AP

 11月3日の米大統領選で選ばれた大統領選挙人による投票が14日、全米50州と首都ワシントン特別区で行われた。各州・特別区に割り当てられた選挙人計538人のうち、民主党のジョー・バイデン前副大統領(78)が過半数の270人を上回る選挙人を確保し、勝利が確定した。

 勝利確定を受け、バイデン氏は14日夜、地元の東部デラウェア州で演説する。「民主主義が勝利した」と宣言。「今こそ結束の時だ」と語り、大統領選の混乱を乗り越え、国民に融和を求める。さらに、「選挙戦を通じて私はすべての米国人のための大統領になると言ってきた。私に投票しなかった人のためにも一生懸命に職務にあたる」と語りかける。

 すでに全州と特別区で、それぞれの選挙結果が認証されており、結果通りに選挙人が投票した場合、バイデン氏は306人、共和党のドナルド・トランプ大統領(74)は232人の選挙人を獲得する。

この記事は有料記事です。

残り584文字(全文968文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

【2020米大統領選】

時系列で見る

次に読みたい

関連する特集・連載など

あわせて読みたい

注目の特集