西川右近・日舞西川流三世家元が死去、81歳 「名古屋をどり」を定着

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
西川右近さん
西川右近さん

 日本舞踊西川流三世家元で総師(そうし)の西川右近(にしかわ・うこん、本名・近藤雅彦=こんどう・まさひこ)さんが12日、急性心不全のため自宅で死去した。81歳。コロナ禍を踏まえ、葬儀は15日に近親者のみで営んだ。後日、一門による「西川流葬」を執り行う予定だが日時は未定。喪主は長男で四世家元の千雅(かずまさ)さん。

 西川さんは1939年、名古屋市生まれ。3歳で初舞台を踏み、56年に名取試験を受けて右近を名乗り舞踊家として本格的に活動を開始。83年に父の二世家元鯉三郎の死去に伴い、三世家元を継承。2014年、千雅さんに四世家元を継がせて総師になった。

この記事は有料記事です。

残り310文字(全文586文字)

あわせて読みたい

注目の特集