新型コロナ 都外から検体郵送、「東京で感染」扱い PCR簡易化で急増 都「見直しを」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 大阪や名古屋などに住む人が新型コロナウイルスのPCR検査のため、東京都内の医療機関に検体を送り、都内の感染者として集計されるケースが相次いでいる。12月上旬の1週間だけで147人。帰省や仕事などで自主検査のニーズが増える中、地域ごとの正確な感染状況が把握しにくくなっており、都が国に運用の見直しを求めている。

 8月から郵送でのPCR検査の受け付けを始めた「にしたんクリニック」(東京都渋谷区)は、都内に検査センターを複数設け、殺到する依頼に対応している。1件1万5000円と安くはないが、10万件を超える申し込みがあった。

この記事は有料記事です。

残り872文字(全文1134文字)

あわせて読みたい

注目の特集