メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ぐるっと東日本・母校をたずねる

群馬県立前橋高/3 前橋市長・山本龍さん /東京

前橋高の思い出を語る山本龍・前橋市長=鈴木敦子撮影

失敗しても次の挑戦を 前橋市長・山本龍さん=1977年度卒

 県都・前橋市の市長を務める山本龍さん(61)=1977年度卒=は、群馬県立前橋高への進学を目指して12歳で古里の草津町を離れ、前橋市内で下宿しました。「優秀な同級生に囲まれ、鼻をへし折られた」と前高時代を振り返りますが、その経験が努力や奮起につながりました。失敗を恐れずに何度でも挑戦することの大切さを訴えています。【鈴木敦子】

 前高でまず印象的だったのは、同級生がみな賢く見えたことです。私は草津温泉で有名な草津町で生まれ、中学1年の春から前橋市で暮らしました。地元では「優秀だ」と言われ、将来は過疎の町で開業医を継ぐよう期待されていました。使命感というより宿命です。でも、前高に入ると、みんなが優秀で、それぞれ個性がある。うぬぼれ屋の鼻がへし折られ、「まだまだ頑張らなくちゃ」と思えました。

この記事は有料記事です。

残り1924文字(全文2301文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. バスマットから考えるアスベスト問題 輸入禁止なのに「含まれていない」として輸入? 石綿水際対策の実態

  2. 野党が問題視 菅首相の「一度決めたら絶対変えないかたくなさ」と「鈍さ」 予算委攻防

  3. 「ラブライブ!」Tシャツを無断販売の疑い 35歳無職を書類送検 神奈川県警

  4. 米、習主席の協調呼び掛けに応じず 対中強硬路線維持 同盟国と連携

  5. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです