「県の素案に違和感」 富士吉田市長が登山鉄道で /山梨

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 富士山登山鉄道構想で県が事業成立の見通しを盛り込んだ素案を示したことについて、富士吉田市の堀内茂市長は15日の定例記者会見で、「地元の声を聞くことなく、雲の上で論議されていることに違和感を覚える」と述べた。また、「富士山をこれ以上、金もうけの道具に使ってほしくない」と構想自体に疑問を投げ掛けた。

 素案は2日に東京都内で開催された構想を…

この記事は有料記事です。

残り154文字(全文323文字)

あわせて読みたい

注目の特集