新型コロナ GoTo全国停止 観光地に動揺 政府に理解示す首長も /静岡

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
GoToキャンペーン事業ののぼりやポスターがにぎやかな熱海駅前の平和通り名店街=静岡県熱海市田原本町で2020年12月15日午後2時14分、梁川淑広撮影
GoToキャンペーン事業ののぼりやポスターがにぎやかな熱海駅前の平和通り名店街=静岡県熱海市田原本町で2020年12月15日午後2時14分、梁川淑広撮影

 新型コロナウイルス感染症の拡大で、政府が旅行需要喚起策・GoToトラベル事業を28日から1月11日まで全国一斉に一時停止すると決めたことを受け、県内の観光地に動揺が広がった。一方、首長からは政府の決定に理解を示す声も上がった。

 首都圏からの客が多い熱海温泉ホテル旅館協同組合(熱海市)の加藤光良専務理事によると、年末年始の予約は9割ほどが埋まっていた。だが、14日の政府の発表後、事業が一時停止となる28日以降の予約を停止前の予約に変更する動きが出ている。この時期は「割引がなくても行く」という客も少なくないが、今後のキャンセルの動向が心配という。

 JR熱海駅前の平和通り名店街(約50店)は、GoToトラベル事業で宿泊客に15%が還元される地域共通クーポンを利用する客が多い。ある土産物店員は「7割がクーポン客。今後は日帰りの若い人が増え、売り上げも減ると思う」とあきらめ顔だった。

この記事は有料記事です。

残り471文字(全文864文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集