特集

学術会議任命拒否

日本学術会議が推薦した新会員候補6人を菅首相が任命しなかった。極めて異例の事態の背景や問題点を追います。

特集一覧

学術会議が改革案とりまとめ 提言強化や会員選考情報開示 井上担当相に提出

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
日本学術会議のあり方について自己検証した中間報告書を井上信治科学技術担当相(左)に提出する学術会議の梶田隆章会長=東京都千代田区で2020年12月16日午後0時51分、玉城達郎撮影
日本学術会議のあり方について自己検証した中間報告書を井上信治科学技術担当相(左)に提出する学術会議の梶田隆章会長=東京都千代田区で2020年12月16日午後0時51分、玉城達郎撮影

 日本学術会議は16日、臨時の幹事会を開き、組織としての機能を最大化するための改革案の中間報告をとりまとめた。提言や広報の強化に向けた事務局機能の拡充や、会員の選考過程を透明化するための情報開示などが柱。「国から独立した組織」化については「ナショナルアカデミーとして備えるべき要件を満たすかどうか、引き続き検討が必要だ」とするにとどめた。

 学術会議の梶田隆章会長は幹事会後、大臣室で井上信治科学技術担当相に報告書を手渡した。井上氏は「まずは拝見し、考えたい」と述べ、報告を踏まえ政府として学術会議のあり方の方向性を年内に示すとした。一方、学術会議は菅義偉首相による会員候補6人の任命拒否の理由の説明と速やかな任命を首相に要望しているが、これまで回答はない。梶田氏は「なんら進展がないことは遺憾」として、井上氏に改めて要望。井上氏は「首相に…

この記事は有料記事です。

残り499文字(全文868文字)

【学術会議任命拒否】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集