特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

「地方でも感染拡大」厚労省助言委 勝負の3週間「北海道以外は評価できず」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
厚生労働省の第18回新型コロナウイルス感染症対策アドバイザリーボードであいさつする田村憲久厚労相(右)。左は座長の脇田隆字・国立感染症研究所長=東京都千代田区で2020年12月16日午後5時3分、矢澤秀範撮影
厚生労働省の第18回新型コロナウイルス感染症対策アドバイザリーボードであいさつする田村憲久厚労相(右)。左は座長の脇田隆字・国立感染症研究所長=東京都千代田区で2020年12月16日午後5時3分、矢澤秀範撮影

 新型コロナウイルスの感染対策を助言する厚生労働省の専門家組織「アドバイザリーボード」(座長=脇田隆字・国立感染症研究所長)は16日、感染拡大の状況について「これまで大都市圏中心だったが、地方でも拡大がみられる」と分析した。一方、政府が感染拡大抑制のためとして呼びかけた「勝負の3週間」について「北海道は時短要請の効果が出ているが、その他の地域は評価できない」と述べるにとどめた。

 新規感染者数は高水準で推移し、専門家組織の集計によると、15日までの直近1週間に確認された感染者数は全国で1万8024人で前週(12月2~8日)の1・16倍だった。新規感染者の75%は北海道、埼玉、千葉、東京、神奈川、愛知、京都、大阪、兵庫の9都道府県。宮城や群馬、広島、高知、福岡、熊本、大分県などで感染拡大や再拡大の傾向がみられる。

この記事は有料記事です。

残り333文字(全文692文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

関連する特集・連載など

あわせて読みたい

注目の特集