特集

2020米大統領選

2020年11月に行われた米大統領選。共和党のトランプ大統領と民主党のバイデン氏が争い、バイデン氏が勝利した。

特集一覧

共和上院トップ、バイデン氏勝利認める トランプ派下院議員と一線

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
共和党上院トップのミッチ・マコネル院内総務=米南部ケンタッキー州ルイビルで2014年11月4日、AP
共和党上院トップのミッチ・マコネル院内総務=米南部ケンタッキー州ルイビルで2014年11月4日、AP

 米共和党上院のマコネル院内総務は15日の本会議で、「バイデン次期大統領にお祝いを申し上げたい」と述べ、11月の米大統領選でバイデン氏が勝利したことを初めて公に認めた。

 マコネル氏は「多くの人は違う結果を望んでいた」と語り、トランプ大統領の再選を望んでいた共和党支持者に配慮。一方で、「我々の統治システムには次の大統領を決める手続きがあり、大統領選挙人がその意思を示した」と強調し、14日の選挙人による投票で、バイデン氏が正式に次期大統領に決まったと明言した。

 敗北を受け入れていないトランプ氏は、徹底抗戦を続ける構えだ。連邦議会は来年1月6日の上下両院合同会議で、選挙人による投票結果を承認する予定。だが、トランプ氏に近い共和党の下院議員が、バイデン氏が勝った東部ペンシルベニアなど5州で「大規模な不正があった」と主張し、承認を妨害する動きをみせている。

この記事は有料記事です。

残り205文字(全文583文字)

【2020米大統領選】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集