京アニ放火殺人 青葉容疑者を起訴 責任能力に問題はないと判断 京都地検

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
青葉真司容疑者を捉えた防犯カメラ映像=京都府宇治市で2019年7月16日(松浩不動産提供)
青葉真司容疑者を捉えた防犯カメラ映像=京都府宇治市で2019年7月16日(松浩不動産提供)

 2019年7月に発生し、平成以降最悪の36人の犠牲者を出した「京都アニメーション」第1スタジオ(京都市伏見区)の放火殺人事件で、京都地検は16日、青葉真司容疑者(42)を殺人や現住建造物等放火などの罪で起訴した。地検は、刑事責任能力の有無を調べるために11日まで約半年間にわたって被告を鑑定留置し、責任能力を問えると判断した。今後は公判前整理手続きを経て、裁判員裁判で審理される。

 起訴内容は19年7月18日午前10時半ごろ、京アニ社員計70人がいた第1スタジオに侵入し、ガソリンをまいてライターで放火。36人を殺害し、34人に重軽傷を負わせるなどしたとしている。地検は認否を明らかにしていない。

この記事は有料記事です。

残り428文字(全文727文字)

あわせて読みたい

ニュース特集