東京の子育て世帯 30代は年650万円必要 50代は年960万円 労組団体試算

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
都内の子育て世帯の最低生活費試算調査について報告する静岡県立大短期大学部の中沢秀一准教授(左から2人目)と、東京地方労働組合評議会のメンバーら=東京都千代田区の厚生労働省内で2020年12月16日、中川聡子撮影
都内の子育て世帯の最低生活費試算調査について報告する静岡県立大短期大学部の中沢秀一准教授(左から2人目)と、東京地方労働組合評議会のメンバーら=東京都千代田区の厚生労働省内で2020年12月16日、中川聡子撮影

 東京都内で夫婦2人、子供2人で暮らすのに必要な生活費は――。東京地方労働組合評議会(東京地評)が16日、2019年の都内子育て世帯の最低生活費試算を公表した。30代夫婦と小学生、幼稚園児の家庭で、年間650万円、教育費が増える50代では、年間960万円が必要だとした。

 東京地評は19年5~8月に加盟労組の労働者など3200人の生活実態と、都内の生活必需品や家電の価格を調査した。さらに政府の食費や住居費、教育費などの調査を加味して試算した。

 モデルケースは練馬区の43平方メートルの賃貸マンション(家賃9万5000円)で、正社員の30代夫、非正規社員の30代妻(夫の扶養内)、公立小学校と私立幼稚園に通う子ども2人が暮らす家庭。食費は月11万円(1人1食300円と想定)▽夫の飲み会代月3500円▽教育費月2万8000円――など必要な額を積み上げると月54万円(年間650万円)だった。子供の成長で教育費は増え、50代で、子供が私立大と公立…

この記事は有料記事です。

残り206文字(全文628文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集