メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

死刑判決後の白石被告「控訴しない気持ち変わらない」「獄中結婚の相手探している」

立川拘置所=東京都立川市泉町で2020年12月16日午前10時36分、最上和喜撮影

 神奈川県座間市のアパートで2017年に男女9人の遺体が見つかった事件で、強盗・強制性交等殺人罪などに問われ、15日に死刑判決を受けた白石隆浩被告(30)は16日、立川拘置所(東京都立川市)で毎日新聞の取材に応じ「気持ちは変わらない」と、改めて控訴はしない意向を示した。

 東京地裁立川支部の裁判員裁判は判決で「犯罪史上まれにみる悪質な事件で、SNS(ネット交流サービス)の利用が当たり前の社会に大きな衝撃や不安感を与えた」と述べ、求刑通り死刑を言い渡した。白石被告は、矢野直邦裁判長の判決理由の朗読を聞いていた際の心境について「正直、何も考えていなかった。不…

この記事は有料記事です。

残り420文字(全文699文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

  2. 共通テスト、マスクから鼻出して「失格」 監督者の注意に従わず

  3. ロシア反体制派ナワリヌイ氏、帰国直後に拘束 影響力増大を警戒 欧州は非難

  4. ORICON NEWS 西野未姫、弟2人を顔出し「爽やか好青年!」「春日さんに似てる!」

  5. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです