「獄中結婚したい」記者に明かした死刑判決後の本音 座間事件・白石被告

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
立川拘置所=東京都立川市泉町で2020年12月16日午前10時36分、最上和喜撮影
立川拘置所=東京都立川市泉町で2020年12月16日午前10時36分、最上和喜撮影

 神奈川県座間市のアパートで2017年に男女9人の遺体が見つかった事件で、強盗・強制性交等殺人罪などに問われ、15日に死刑判決を受けた白石隆浩被告(30)は16日午前、立川拘置所(東京都立川市)で毎日新聞記者と面会した。主な一問一答は次の通り。【聞き手・最上和喜】

判決の瞬間……何も考えていなかった

記者 おはようございます。

白石 おはようございます。

記者 判決から一夜明けてどうですか。

白石 いつもと変わらないですよ(笑い)。

記者 判決を受ける瞬間、どういう気持ちでしたか。

白石 (伸びをするようにのけぞり、目は閉じたまま)いやー、正直何も考えていなかったですね。何かあるかと思ったんだけどなあ。不思議なくらい、汗もかかないし、心臓もどくんどくんしないし。…

この記事は有料記事です。

残り1677文字(全文2005文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集