メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ヤングケアラー~幼き介護

ヤングケアラー全国調査 中・高2年生17万人にネットで 年度末までに集計

写真はイメージ=ゲッティ

 通学や仕事をしながら家族の介護・世話をする子ども「ヤングケアラー」をめぐり、政府は教育現場に対して初めて実施する全国調査の概要を固めた。47都道府県で抽出した公立・国立の中学、高校約1300校の2年生計約17万人を対象とし、インターネットによるアンケート方式で介護の負担や学校生活への影響などを直接聞き取る。学校側にも別途、調査票への回答を求め、18日にも発送を始める見通しだ。

 調査対象校は全国の国公立中学、高校の約1割。厚生労働省によると、中学は約950校の約10万人、高校は全日・定時制の約350校の約7万人で、さらに通信制高校も対象に加える予定だ。対象校の数は都道府県の人口に応じて割り振るとしている。

この記事は有料記事です。

残り506文字(全文812文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  2. 日本国内の感染者、4週間で27万人超に 米グーグルのAIが大幅増を予測

  3. 鼻出しマスクの受験生を逮捕 不退去の疑い 警視庁深川署

  4. 飛行機マスク拒否 大学職員「容疑と事実違う」 捜査車両でも着用しなかった理由

  5. テレ東・大江麻理子キャスターらマスク着用 「緊急事態宣言受け決断」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです